□  2017.06 □  05≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫07
プロフィール

コドモトコ

Author:コドモトコ
☆ 天然オイル100% へようこそ ☆

アニメ、自作、写真、水草水槽、コスメ、スノーボード etc...
趣味のブログです。
観覧時はカテゴリーからどうぞ♪

コメント&リンク大歓迎(=ω=
(リンクは一言声をかけてくださいね♪リンクの◆は絵師さんブログです)

**自作絵等は同人的要素を含むものもありますので、自己責任でお願いします。無断転載は禁止です**

↑管理人の自作絵サイト

AquariumClock 2
 お魚にさわれます(=ω=
ブログ内検索
etc…

** I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes... or should I ? **


ber06.jpg

バナーの貼りはがしはご自由に♪
 ⇒バナー置き場



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
劔岳 点の記
 
最近多忙のため停滞更新中なんですが。

ブログを外部記憶のひとつだと言うならば、
過ぎ去った短い夏の
あんなことやこんなことを
断片的にでも書き留めておこうかなと。


まぁ、これは堂々と過去記事をupする為の言い訳なんですけど(;´∀`)ゝスイマセン...



そんなわけで第一弾は夏に観た映画、『劔岳 点の記』でーす!


tsurugi.jpg


 
「誰かが行かねば、道はできない。」

明治時代、陸軍参謀本部陸地測量部の命を受け、
日本地図最後の空白地点、前人未踏の劔岳の初登頂と
山岳測量に挑む男達の物語。

 
とても素晴らしい映画でした。

浅野さん、香川さんをはじめとする豪華俳優陣の素晴らしさは言うまでもありません。


映像の美しさは言葉に出来ないくらい。

雪山に登ったことがある人なら、
体に刻まれたその過酷さや美しさが蘇り、
血が滾ることでしょう。

木村大作監督はこの映画を撮るにあたり、
俳優と共に山に登り、ストーリーに沿って「順撮り」したそうです。
空撮もCGもなし。

過酷な地形、しかも雪山。
明治時代という設定により軽装での登山...
想像を絶する撮影だったことでしょう。

俳優さん達の「演技ではない体当たりの表現」が心に響きました。


作中に使用されたクラシック音楽は、録音ではなくオーケストラの生演奏だそうです。
心に染みました。


「忘れかけていた日本人の大切なもの」
を気付かせてくれる、素晴らしい映画でした。
スクリーンで観れて本当に良かった(n´∀`n)



ちなみに。
測量法のひとつ三角測量は「三角点」と呼ばれる基準点を設置し、
三角法により測量をするのですが、
ちょうどCADの勉強で三角法をやった後だったので、とても興味深かったです。



劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]劔岳 点の記 メモリアル・エディション [DVD]
(2009/12/11)
浅野忠信 香川照之



テーマ:劔岳 点の記 - ジャンル:映画

2009.10.03(Sat)  [芸術鑑賞]COMMENT(6)TRACKBACK(0)TOP
コメント

素晴らしい映画です°・(ノД`)・°・


あの映画は、誰でも感動できるモノとは違ぅと思ぅよ!

この映画で感動できる人は日本人の生粋の良さを持ってる人だと思います。

山は生き物だね(ーωー)ウンウン
かー子 2009.10.04(日) 00:43 URL [編集]


かー子さま

そうだね~(*゚∀゚)
どこで感動するかは人それぞれだと思うけど
誰でも感動できる映画ではないかも。
私は雪山を観ただけで泣きそうになったけどね!(*´∀`)ゝイヤー

山は生きてる。そして偉大だね(=゚ω゚)゚.+:。
コドモトコ 2009.10.04(日) 05:06 URL [編集]


ロードショー前後にTVで紹介されていたのを良く観たよ。
監督も俳優さん達も撮影クルーの人達も
スゴいよね。

正直ビックリしたよ。

やっぱり、山は行ってみないと、
その良さがワカラナイからね。

映像を観れば、違いがワカル作品だと思う。


@赤タチ 2009.10.07(水) 00:54 URL [編集]


赤タチさま

山のリアルを追求し、見事に再現した素晴らしい映画でした♪
俳優さんも実際に登っているのがスゴい!

>やっぱり、山は行ってみないと、
>その良さがワカラナイからね。
そうそうw 景色だけじゃない。
自分の足で登ってみなきゃ山の良さは分からないよね。
「良さ」だけじゃなく「怖さ」を知ることも多々ありますが...(^^;)
コドモトコ 2009.10.24(土) 02:48 URL [編集]


明治の日本人

は、ホントにスゴい=3って思います。
国が激変する中、
意志の強い方々は、頭フル回転で物事にあたっていたことでしょう。
日本人の語学能力のピークは、この頃って聞きますし。

先日、某公共放送で、
「剣岳 "初登頂" ~明治40年陸地計測部の記録~」
つう番組を見ました。
当時の装備で、測量に必要な機材を背負って、
剣岳に登る!って命がけの仕事ですね。。(凄)
コドモトコさんとは違い、雪山とは縁のないわたし。
山の恐ろしさを真に理解できないのが残念・・・<知識のみ

映画は、映画館へ行けないので、<人混み厳禁!
DVDが出たら、絶対に観るゼーット=3
と、固い決意であります!!!
それにしても、
香川照之さんは、国内外の映画に出突っ張り!?
って感じがします。
需要が高いネw
かぁりー 2009.10.24(土) 09:30 URL [編集]


かぁりーさま

コメント返し遅くなりすみません(≧_≦)
バイト掛け持ちの毎日でしたが、やっと仕事が決まったので
これからはブログ更新の時間が出来そうですv

明治時代に剣岳に登るとは大変な偉業だと思いますが、
映画では登場人物それぞれの迷いや葛藤なども描かれていて
ヒューマンドラマとしても楽しめました♪
平成に生きる私たちは、明治時代の生き方に学ばなければいけませんね!

自分の知っている山の恐ろしさはホンの一部でしかないです。
きっと素晴らしさも、ホンの一部しか知らないんだと思います。
私も剣岳に登ることは出来ないけど、
体験出来なくてもスクリーンを通して疑似体験が出来るのは嬉しいことですね。
山だけじゃなく、海とか、世界遺産とか、実際に行くことができない場所の映像に触れるのは楽しいですね~。

>香川照之さん
ホントにいい役者さんですね(人´∀`*)
コドモトコ 2009.11.23(月) 22:51 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。