□  2017.08 □  07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫09
プロフィール

コドモトコ

Author:コドモトコ
☆ 天然オイル100% へようこそ ☆

アニメ、自作、写真、水草水槽、コスメ、スノーボード etc...
趣味のブログです。
観覧時はカテゴリーからどうぞ♪

コメント&リンク大歓迎(=ω=
(リンクは一言声をかけてくださいね♪リンクの◆は絵師さんブログです)

**自作絵等は同人的要素を含むものもありますので、自己責任でお願いします。無断転載は禁止です**

↑管理人の自作絵サイト

AquariumClock 2
 お魚にさわれます(=ω=
ブログ内検索
etc…

** I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes... or should I ? **


ber06.jpg

バナーの貼りはがしはご自由に♪
 ⇒バナー置き場



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--)  スポンサー広告TOP
Great Ukiyo-e masters

妹君に誘われて行ってきました(*゚∀゚)=3

長野県諏訪市、サンリツ服部美術館
Great Ukiyo-e masters
    <春重、歌麿、北斎、広重>
~アメリカ・ミネアポリス美術館秘蔵コレクションより~

     浮世絵_01

概 要(サンリツ服部美術館HPより抜粋)______________________________________

アメリカ中西部唯一の総合美術館であるミネアポリス美術館は、日本美術部門でも全米屈指のコレクションを誇ります。
クオリティーの高さで知られるリチャード・ゲールコレクションを中核とする浮世絵作品は3000点を数えますが、この展覧会では、作品の質とコンディションの観点から約130点を厳選しました。
これまで公開されることが少なかったため、その保存状態は極めて良好で、目の肥えた浮世絵ファンも驚かれるでしょう。
鳥居清信、鈴木春信、勝川春章、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川広重などビッグネームの名品を中心に、浮世絵の初期から晩期までを網羅して、その歴史をたどります。
____________________________________________________________________________


「とても素晴らしかった」としか言葉が見つかりません。
本物の浮世絵を観るのは初めてで、
長野県に住んでいながら小布施の北斎館(葛飾北斎美術館)へ行ったこともなかった私には、衝撃が大きすぎました...(;゚∀゚)=3
一緒に行った美大生の妹君は、北斎館も東京国立博物館にも行ったことがあり、浮世絵は見慣れているようでしたが大絶賛していました。

浮世絵は、そのほとんどが戦火によって失われ、海外の資産家達によって
収集され保管されてきました。
日本文化なのに日本より海外に多く存在するなんて、不思議な感じがします。
今回のミネアポリス美術館秘蔵のコレクション210点は初版の浮世絵が多く、
同じ絵でも、普段写真などで目にするものより色合いが鮮やかだったり、淡かったり。
そんな違いや希少性、保存状態の良さなどを感じることが出来た、
素晴らしい展覧会でした。

生きているうちに、あんなに素晴らしい浮世絵コレクションを観ることはもうないと思います。
ありがとう、妹よw


□第一会場は浮世絵初期、美人画。
 浮世絵_02

 鈴木春信、鳥居清信の作品が素晴らしかった。


□第二会場は浮世絵全盛期~晩期、役者絵と風景(旅)画。
 浮世絵_03

 写楽、葛飾北斎、歌川(安藤)広重の作品が素晴らしかった。
 そして展示作品の多さに驚きました。




■私が感銘を受けた作品たち(展示順)


鈴木 春信
 見立 佐野の渡り
 見立 高砂
 見立 小野道風
 三十六歌仙 小野小町

勝川 春章
 二代 市川八百蔵の暫

鳥居 清長
 杜若の咲く池
 六郷の渡し
 當世遊里美人合 橘中妓
 四条河原夕涼躰
 三囲神社の夕立
 雪持竹振袖源氏 祇園回廊の幕

喜多川 歌麿
 『画本虫撰』より 蛇 とかけ
 『難波屋おきた』
 南国美人合 このすみ

東洲斎 写楽
 市川蝦蔵の竹村定之進

歌川 国芳
 義勇八犬伝 犬坂毛乃

葛飾 北斎
 富嶽三十六景 隠田の水車
 富嶽三十六景 神奈川沖浪裏
 富嶽三十六景 凱風快晴
 富嶽三十六景 相州 梅澤左
 諸國名橋奇覧 飛越の堺 つりはし
 朝顔に蛙
 百人一首 姥かゑとき 源宗干朝臣

歌川(安藤) 広重
 東都名所 日本橋之白雨
 四季江都名所 冬 隅田川之雪
 海案寺紅葉
 東海道五拾三次之内 箱根 湖水圖
 東海道五拾三次之内 庄野 白雨
 六十余州名所図会 播磨 舞子の濱
 阿波鳴門之風景
 名所江戸百景 大はしあたけの夕立
 名所江戸百景 堀切の花菖蒲
 名所江戸百景 両国花火
 名所江戸百景 王子装束ゑの木大晦日の狐火
 即興蔭ぼしづくし 石燈篭 鷹にとまり木
 和漢朗詠集 月に雁
 魚づくし 鮎


_________________________________________________________________________

☆追記☆ (7月15日up)

注文していた、浮世絵展の画録が届きました(≧∀≦)ノシ
訪日していながら諏訪では展示されなかった作品も載っていました v
これは家宝になることでしょう(*´∀`*)
浮世絵_05


展覧会場で買って来たポストカードの写真も載せちゃいます。
(これくらいなら著作権大丈夫だろう...)
浮世絵_04

ポストカードに使われている写真は全て、東京国立博物館所蔵のものです。
今回の浮世絵展にも同作品が展示されていましたが、
同じ版でも刷った時期が違うので色合いや仕上がりが違います。

ミネアポリス美術館所蔵のものは、
上段中央の「葛飾 北斎/富嶽三十六景 凱風快晴」は鮮やかな朱色だったし、
下段中央の「歌川(安藤) 広重/東海道五拾三次之内 蒲原 夜之雪」は
背景が写真とは逆で、黒から白へのグラデーションで全体的に色が薄かったです。

鈴木 春信鳥居 清長のポストカードが欲しかったんですが、
日本に作品がないせいか、売っていませんでした(´Д⊂ 残念!

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

2008.06.30(Mon)  [芸術鑑賞]COMMENT(4)TRACKBACK(0)TOP
コメント

ほ~、浮世絵ですか。
実は歴史が苦手というかダメダメな感じで、
絵師さんの名前とかを聞いてもほとんど思い当たらないのですが、
(さすがに北斎とか写楽は知ってますが)
迫力ありますよね~。

当時から、外国のかたからの評価が高く、
画風を真似たものがいくらかありますよね。

ん~。たまには美術館にも行ってみようかな…。
タダで入れるところあったかなぁ<セコいw
クロマ 2008.07.03(木) 21:15 URL [編集]


クロマさま

たくさんの作品がきてましたが、
写楽は数枚、北斎はたっくさんきてました。
著作権の関係で画像をup出来ないのが、ホントに残念です(´-ω-`;)

>当時から、外国のかたからの評価が高く、
>画風を真似たものがいくらかありますよね。
そうですね、外国の有名な画家達が真似たりしてるので、
日本より海外の方が知名度や評価が高いみたいでした。
日本は(アニメとかもそうだけど)日本文化をもっと大事にするべき!!と思いましたよー。

>タダで入れるところあったかなぁ<セコいw
大学生の「学生割引」があるところを狙ってみてはどうでしょうww
コドモトコ 2008.07.07(月) 02:27 URL [編集]


新聞にこの展覧会の告知が載っていたのを見たよ。
浮世絵はあんまり興味がなくて行かなかったけど、会社の同僚や友達が見に行ったらしく「とても良かった」って興奮してたよ(^o^)/

日本により、海外に多く存在するなんて知らなかった。
そういう意味でも戦争は、もう二度と起こしてはいけないなと思うよ。
コンタ 2008.07.07(月) 21:18 URL [編集]


コンタさま

>新聞にこの展覧会の告知が載っていた
載ってたね~w 
私の地元紙には広告しか載ってなかったけど、
諏訪の新聞には大きく載っていたみたい。

>会社の同僚や友達...
好きな人には感動ものだったと思います。
東京などの大きな都市しか回らないと思ったら
追加で長野県に来てくれたのでうれしかった v v
私も最初はあんまり興味がなかったけど、妹に
「これを逃したら一生観れないよ!!」と言われて
行ってみてよかったです。

>日本により、海外に多く存在するなんて知らなかった。
私も知らなかったです...

>戦争は、もう二度と起こしてはいけない
日本は敗戦国ということですよね。
私も戦争は絶対に起こしてはいけないと思っています(≧_≦)
コドモトコ 2008.07.15(火) 22:11 URL [編集]



 管理者にだけ表示を許可する

TopAdmin

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。